サービス

フォントワークスが始めた新サービス「mojimo(もじも)」が安くて使いやすくて素敵!

スクリーンショット 2018 03 13 13 03 45

mojimoという新サービスがすごく熱いんですよ…!」

そんなことを会社の後輩から言われた。

なにそれ?と返したけど、

よくよく詳細を聞けば聞くほど確かに熱い。

めっちゃ熱い。

結果、すごく素敵なサービスだったので
今日はそんなmojimoについてご紹介します。

mojimoはこんなサービス

フォントワークスが3月1日に発表した新サービス。

公式サイト

「ちょうどいい文字を、ちょうどいい価格で」がキャッチコピー。

用途ごとにに最適な書体を最適な価格で提供してくれる。

第一弾は「mojimo-manga」マンガやアニメでよく見るあのフォントが使える!

スクリーンショット 2018 03 13 13 04 15

第一弾は、アニメやコミックでよく見かけるフォントを集めたセットだ。

エヴァンゲリオンの次回予告で使われている「マティス-EB」やキルラキルで有名になった「ラグランパンチ」などなど。

「ドット明朝体12M」や「ドットゴシック12M」もあると意外と嬉しいし、「パルラムネ B」も爽やかでいいなぁ。

そして驚くのが、そのお値段。

36書体が入って1年間3,600円

…って

安い!

ありがたいし、嬉しいけどフォントワークさん
大丈夫なの!?

ねぇ!

月300円でこんなにいいとこ取りしたフォントが使えるなら
めちゃくちゃいいじゃないか。

まとめ:フォントを身近に感じられる素敵なサービス

フォントって高いんだよね。

すごく作るのが大変なものだろうし、クオリティも高いから
仕方がないんだけど、ユーザー目線で見たらやっぱり高い。

とくに企業ならいいけど個人にはなかなか手が出しづらい価格だ。

フォントワークスの有名な年間ライセンスプログラムのLETSだと
1年のコースで入会金30,000円。年会費にに36,000円かかる。

※3年コースになると年会費は24,000円に減額。

そんな、価格帯の商品ラインナップのところに

年会費3,600円という破格でなおかつ、

一番欲してるであろう同人誌製作の人たちにむけて

サービスを開始したっていうのが本当に素敵なことだと思う。

フォントって面白いし奥が深いけど、
有名なフォントほど高価で入り口のハードルが高い。

そこのハードルをぐっと下げて、身近にしてくれたことは
すごいことだと思うなぁ。

スクリーンショット 2018 03 13 13 06 23

サイトを見ると、3つの枠があるので3展開行うのかな?

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。