働きかた

集中力はテクニック!ポモドーロテクニックで作業を効率的に進めよう

突然ですが、ぼくは集中力がありません。
デスクワークをしていても気付けば、別のことを考えたり、うまく作業をまとめられず長引かせたりとひどいです。これはやばい!なにかいい方法はないものかと探していたところポモドーロテクニックというものを見つけたのでご紹介します。

ポモドーロテクニックって何?

Pomodoro Technique(ポモドーロテクニック)は1980年代イタリア、Francesco Cirillo(フランチェスコ・シリロ)氏によって開発された仕事や勉強でより生産性を上げる時間管理の方法です。

やり方は簡単。
タスクを小さく区切り間に小休憩をとる、というもの。
以下の手順で作業を区切り進めていきます。

25分間で1つの作業に集中。

5分休憩。
※これを4回繰り返す。

その後、15分~30分の長めの休憩。

すごく簡単ですね。
25分間で1つの作業に集中。

5分休憩。
の計30分を1ポモドーロと数えます。

ちなみにポモドーロはイタリア語で「トマト」の意味
トマト型のキッチンタイマーを使ったのが始まりだからだそうな。

やってみた感想

ぼくには25分という短い区切りがとてもいいです!
5分の小さいご褒美がすぐにやってくるので「25分だけなら」と集中して作業することができました。
そのえで、「今日は○○ポモドーロできた」と作業時間を数値で認識できるのもいいですね。

このアプリが便利

会社でキッチンタイマーを鳴らすわけにもいかないのでアプリで代用できるものがないか探してみました。
今は
Pomodoro – 最も使いやすいポモドーロ仕事法のタイマーというアプリを使っています。

有名なメソッドなので、いくつもアプリはありますが、このアプリが一番シンプルで、
設定もとてもしやすい
です。作業時間、休憩時間も自分の好きな時間を設定することができるので、
自分にあった時間設定が可能です。初期設定では1日8ポモドーロを目標に設定されています。

まとめ

シンプルなメソッドなので、始めやすいと同時に自分ならではのカスタマイズもしやすいです。ポモドーロテクニックを基準にして、自分の最適な集中できる作業時間を見つけてみてはいかがでしょうか。