iPhone

SIMの会社はどこがいい?iPhoneならmineoとIIJmioがオススメ!

Blog topicon 160612A

いままでのブログで、格安スマホとはなにかSIMフリーのiPhoneを手にれる方法をまとめました。
今回はいよいよどこの会社のSIMカードを使うか調べていきますよ!

ぼくが求める条件は以下のとおりです。

・電話を使えること

・テザリングができること

・パケット5GB以上のプランで安いところ

・通信速度が安定してそうなところ(評価のいいところ)

愛用のMacBook Proを外出先でも使いたいのでテザリングが使えることは必須ですね。
Wi-Fi使おうとスタバに行っても座れないときがあるし、天気のいい日は屋外でブログとか絵とかを描きたいです。
ネットととかにつなぐことを考えると、まずは5GBあってもいいかなと。

Mbpsってなに?

調べてるとこれも気になったので書いておきます。
会社ごとの比較とかを出してくれている人もいますね!すごい。
Mbpsとは1秒当たりに転送できるデータの量です。
数値が大きいほど高速になります。
8~10Mbpsぐらいあれば快適に使えて1Mbps以下だと動画も止まるほど遅いです。

ネットを見ていると「下り」「上り」というワードがあります。
「下り」はダウンロード、メール受信、WEBページを読むこむ速度などです。
「上り」はアップロードのスピード、アップロードやメールの送信に関わります。

iPhoneを使うならこの会社がオススメ

ぼくの探している条件でいいなぁ、と思ったのが2つの会社です。
どちらもiPhoneに対応しています。
また、通信速度を変更できるアプリがあるのも魅力。
「高速通信」と「低速通信」をアプリ上で切り替えれます。
「低速通信」のときは、遅いかわりにパケットが一切減りません。
メールやLINEの確認くらいなら低速にしておいて、パケットの節約ができそうです。

mineo(マイネオ)

公式サイト

関西にある通信会社ケイ・オプティコムが提供するSIM。
2016年「価格.com」格安simランキング1位となり、
他とは違うおもしろいサービスを展開しています。

月の料金

5GB(通話付き) 2,280円

10GB(通話付き) 3,220円

メリット

・ドコモプランとauプランの2つからを回線選べる

・ドコモプランなら追加料金なしでテザリングが可能。

・ドコモプランなら3日での通信制限なし。

・通信速度を切り替えるアプリあり。

・パケットギフトで残ったパケットは翌月に繰り越せて、家族ともわけあえる

・デュアルタイプ(音声通話SIM)をすぐ解約しても解約手数料がかからない

・サイト上にチャットで質問できる窓口あり。

・ユーザーのコミュニティページや、社員のブログがあり、中が見えるので安心

・解約時の違約金の一切ない

・少ない通信容量のプランも充実

感想

サイトを見ていると、他の会社と少し毛色が違うようなw
フリータンクというサービスもあり、自分のパケットを人にあげることができたりと
いろいろおもしろいことをしているのは興味が湧きます。
値段も安いし、チャットで質問できるのもいいですね

IIJmio

公式サイト

日本で初めてインターネットプロバイダを開設した老舗。
サービスの満足度ランキングでもつねに上位で、信頼できます。

月の料金

5GB(通話付き) 2,220円

10GB(通話付き) 3,260円

メリット

・通信速度の切り替えアプリがある

・ドコモプランならテザリングが可能

・歴史や満足度ランキングで上位なこともあり信頼できる

デメリット?

・音声付きSIMを1年以内に解約した場合違約金が発生。

1ヶ月めで解約すると12,000円そこから1ヶ月ごとに1,000円ずつ下がっていく。13ヶ月以降は0円に。
多分これは問題ない範囲かと。

感想

家族のプランが充実してますね。
10GBで契約してそれを家族で共有できるプランもあり、うまく使うと家族全員合わせて月々の携帯料金が5,000円代で
収まってしまう…、すごすぎます。

ぼくはmineoに決めました

調べてて思ったのが、IIJmioが優等生なら、mineoはイケイケで賑やかなフットワークの軽い学生という印象w
値段やサービスもいいですし、フリータンクなどの変わったサービスを展開するなど今後にも興味がありますね。
あと、チャットで気軽に質問できるのも初心者のぼくには助かります。
家族がいる場合はIIJmioのプランもいいですが、mineoのパケットギフトを使えば十分安くすませることができそうです。

mineのSIMを買おう

さて、会社も決まりSIMカードを買うところまで来ました!(やっと…!)
どうやって買うのかなどは次にまとめていきたいと思います。