暮らしのこと

今の家のお風呂を1回も使ったことないボクが銭湯通いをすすめる5つの理由

どうも。やだオスカル(@yada_oscar)です。部屋の掃除をしてまったりしながらブログを書いています。

みなさんはお風呂って毎日どうしてますか?ボクは今の家に住んで1ヶ月経ちますが、まだ1回も家のお風呂を使ったことがありません。毎日銭湯に通っています。

今回はボクがなぜ銭湯通いをしているのかその理由をご紹介します!

1.お風呂を掃除しなくていい

銭湯に通うとまずお風呂掃除から解放されます!シャワーも使わないので、水垢もつかないから、かがんで浴槽を掃除することもありません。排水溝の毛をとるのもなかなか大変な作業だけど、水がそもそも流れないので、その必要もなし。「あー、入る前に掃除しなきゃ…」という感情がいっさいなくなります。これはすごくでかい。

2.管理することから解放される

家のお風呂を使わないとういことは、様々なものを持たなくて済みます。掃除道具や洗剤、足拭きマットもいりません。普通の家ではあるけどもボクの家にはないものを書き出してみました。

・掃除用の洗剤
・掃除用のスポンジ
・ドライヤー(銭湯で10円で使える)
・足拭きマット
・シャワーカーテン
・入浴剤

どうでしょう。意外と多くありませんか?とくにお風呂掃除の洗剤は置く場所も気にしたりするので、それらのことを考えなくて済むのはボクはとても嬉しいです。

それに、もうひとつ。ボクの家はお風呂とトイレがいっしょのタイプのユニットバスです。ユニットバスってトイレ側に水が飛び散らないようにとか、湿気のことを気にて換気をしなきゃとか、普段からいろいろ気にするのがボクはどうも苦手です。朝シャワーを使ったら、鏡がくもって見えづらい。足元がちょっとビチャビチャする。。などそういうことを気にしなくて済むのはかなり快適です。

3.ユニットバスを好きに使える

ボクの場合はユニットバスの浴槽を使わないので、ユニットバスの空間がまるっと使えてしまいます。そしてこれが、意外と快適です。浴槽のヘリには好きなものをいろいろ飾ったり、浴槽のなかは収納スペースになっています。

IMG 0418 2

ここはもっといい感じにできないかのんびり考えていきたいところ。

4.毎日旅館のようなワクワクを体験できる

石鹸や着替え。お決まりのセットをかばんに入れて銭湯に行くときにボクはワクワクします。旅館のお風呂に行く時ってワクワクするじゃないですか。あの感じにすごく似ていて、お風呂からあがったら何をしようかとかをすごく考えるようになりました。これはボクにとってお風呂が「準備するもの」ではなく、ただ「楽しむもの」に変わったからだと思います。

5.そんな体験を1回460円で使うことができるというコスパのよさ

お風呂ってなぜ毎日入るんでしょうか?清潔にするためなのもちろんですが、ボクは体と心をリラックスさせるためだと思います。要はいかにお風呂でその2つを大きく回復させるかが大事です。前の家では会社から遠く時間も限られていたので、お湯をためるのが面倒で朝にシャワーを浴びることが多かったです。清潔にはなっているものの、心と体がちゃんとリフレッシュできているか、自分では怪しい気がしました。

その点、銭湯は自分がなにもしなくても毎日キレイで広いお風呂を清潔な状態で提供してくれます。しかも1回460円です。31日毎日行ったとして1,4260円。これを高い、安いと感じるのは人によって分かれますが、この値段で体と心が毎日万全の
状態になることを考えたら安くないですか?

あなたにとってお風呂はどういう存在ですか?

いろいろ言いましたが、銭湯って本当に楽しいんです!ボクにっとってのお風呂は体と心を回復するためのものであり、それをMAXで提供してくれるのが銭湯です。だから、ボクは銭湯にお金を払って通います。お風呂を楽しむことだけに徹せられるので、自分の作業に集中することができます。

みなさんにとってお風呂はどんな存在ですか?
とりあえず銭湯のお湯に浸かりながら考えてみてはいかがでしょうか。

最後にボクが買おうか悩んでいるケロリンの桶を貼っておきます。かわいい…。