展覧会

小山健さんの個展『絶対にがんばらない』に行ってきたよ

先日、イラストレーター、漫画家である小山健さんの個展『絶対にがんばらない』に行ってきた。

小山さんといえば、お父さんクエストツキイチ!生理ちゃんなどの漫画がSNSで有名な人。

平日、いつもより会社を早くあがり、吉祥寺駅に到着。

にじ画廊の2Fに上がったら…

IMG 2003

小山さんがいる!

Twitter上で「います」というご本人のツイートは見てたけど本当にいた。

原画が飾ってあった。

IMG 1994

IMG 1997

アナログで描いてるのは知っていたけど、水色鉛筆で軽く下書きしていたのが知れて嬉しい発見。

そして原画以外に目を移すと…

IMG 2001

生理ちゃんの解剖図も素敵。

IMG 1996

ちいさく飾ってある羊毛フェルトもカワイイ。

IMG 1995

IMG 2004

生理ちゃんのぬいぐるみもかわいい。

IMG 1999

小山さんとお話ししたよ

すっごく迷ったんだけど、小山さんと話してみた。

迷ったのはいちファンとして接するか、自分も小山さんのように仕事することが目標で、あわよくば自分のinstagramのアカウントをお伝えしたり、名刺を渡したりしたい気持ちもあって、直前まで自分の立ち位置がふわっとしていたから。

話しかけても、ぐだぐだになってしまって、ご迷惑にならやしないか。と
感じたからだ。

でも、自分がどのタイミングで小山さんを知って、なんのメディアでいつも漫画を読んでいるか。という情報は有益だろうから、それなら話しかけてもいいよね!いいよね!…と言い聞かせて、話しかけてみた。

結果、ボクのほうがたどたどしいところはあったけれど、
話せて、考えが聞けたのはすごく嬉しかった。

話した印象はすごくひょうひょうとしてる人。

やることやってる人て感情が作品で表現できているから、
話すとひょうひょうとしいる気がする。

ワクワクとへこんだのと同時にやってきた

今回、個展に行って初めて本人がいるんだ!という実感ができた。

WEBは便利だし、入り口も広いけど、形がないので、小山さんがどのように作業しているのか
イメージがしづらかったけど、実際に本人と話せて、なかったものに形ができたような気がする。
そこはすごくワクワクした。

そしてへこんだのは、
ボクがまだ、お客さんの1人。だということ。

あたりまえなんだけど、話してみて、いたいのはこっち側じゃない!と
強く思った。なので帰り笑うくらいへこんだ。

いつかイラストや漫画を描いて、違う形でお話ができるようになるように頑張ろう。そんなことを思いながら中央線に揺られたのであった。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。