考えたこと

思いついたときがベストタイミング!メモを習慣化しよう。

Blog 170427

ぼくがブログのネタとか考えるときに、気づいたことがあります。

机に座って考えていると、なにも浮かばないんです。
浮かんだとしてもかなり時間がかかるりますねー。

思い出してみると、ぼくの場合ブログに限らずなにかしらのひらめきは、
机の上ではなく、机から離れているときによく思いつきます。

そこで大事なのがメモです!

「ひらめき」「思いつき」は必ず忘れる。

ひらめき、思いつきというのは、ふいにやってきます。
ぼくは以下のような行動のときに多いですね。

・仕事などの別の作業をしているとき

・本などを読んでインプットをしているとき

・人と話しているとき

・散歩しているとき

どれも机から離れています。脳はアイデアを考えてから寝かせる時間が作ったほうが
いろいろ整理してくますから、こういうときに思いついたりします。

ただ、気をつけなければいけないのは、「必ずと言っていいほど忘れる」ということです。

断言します!忘れます!人間そんなによくできてないですからね〜笑

思い出そうとしても難しことが多いですし、時間もかかりもったいないです。
ひらめいたときは、効率のためにも必ずメモしましょう。

机はアウトプットの場

机を想像してみましょう。平面で広い面積があります。
自分が机の上に1時間しか座れないとしたら、そこで行う
一番重要なことはなんでしょう?

答えはアウトプットです。

考えることや、インプットは机の上でなくてもできますしね、
アウトプットにとにかく注力する必要があります。

メモをとっていないと、そもそも「なにをひらめいたんだっけ?」と
思い出すところから始まるんで、かなりの時間のロスです。

机のに座る時間が限られているなら、そこであれこれ、ひらめこうとするのも
効率が悪いですね。運動やインプットなど、なるべく他のことをしながら、
メモをとって効率的にひらめていきましょう。

大事なことに気付きやすくなる

これは最近メモ魔になっているぼくの感想ですが、
思いつきや、ひらめきなどメモしていくと大事なことに気づきやすくなります。

「これはメモする必要があるかな?」と自分の考えたことや、外の物事に対していろいろな角度で見られます。
普段、見過ごしがちな情報も頭に残るようになるのは楽しいですよ〜。

メモとしてtwitterを活用するのもオススメ

メモアプリを使うのもいいですが、twitterもオススメです。

履歴もたどりやすいし、人に見られるものなので、ある程度、整理された状態にできます。
twitterで発信している人は更新もできて一石二鳥です。

「メモする時間がない!」「面倒!」という方はスマホの写真でひらめいた対象を撮影するのも簡単でオススメです。
時間が経っても見返した時に意外と思い出せますよ。

まとめ: メモを習慣化しよう

メモを習慣化していくと、あたりまえすが忘れることが減ります。

しかし、これがバカにできなくて思い出すのって実はエネルギー使うし、時間も使いますからね、
メモする、しないは大きいですよ。

メモをどんどんとって、効率的に作業していきましょー!