服・雑貨・インテリア

色付きのレンズのメガネが似合う年齢になったはなし。

年を重ねたら、オシャレの

幅は広がるものだと思う。

 

若いときには

似合わなかったものが、

何年か経って身につけてみると

様になっていたりする。

 

なぜ、こんな出だしから

始めたのかといえば、

つい先日、20日に

色付きレンズのメガネを

手に入れたからだ。

 

そう。

 

人生初の色付きのレンズ。

このメガネとの出会い

実はこのメガネ自体は

今年の2月くらいにJINSで購入したもの。

 

金色のフレームに施された装飾が

とても繊細で、これをかければ

普段とはまた違うオシャレが

楽しめそうだと思ったのと、

レンズの小ささも、ボクが持っている

他のメガネとは、

雰囲気が違ってそこも決め手だった。

 

最近になって、

「メガネを買ってから半年間は

レンズを2回まで無料で交換できますよ」

と、いう店員さんの

言葉を思い出して、

色付きのレンズに変えることにした。

 

ボクが購入したときは

ブルーライトカットのレンズは

3段階から選ぶことができて、

今回変更したレンズは

そのなかで一番強い

【NIGHT USE 60%cut】だ。

レンズはオレンジ色をしている。

今なら色付きのレンズが似合うと思った

子供のときのボクのイメージだと、

オレンジ色のメガネをかけているのは

大御所の役者、監督。

もしくは、すごくオシャレなだれかさん。

 

とても遠い存在の人たちがかけるもの。

 

それが色付きのレンズのメガネ!

 

そんなイメージだった。

 

でも、ボクも年齢を重ねて、

少しずつだけど

憧れている人たちに近づいているような

感覚があって、遠く遠くの人たち。

とは、また違う感覚になった。

 

なら、せっかくだし

こっちらから近づいてみようかなぁ。

そう思った。

年を重ねると急に仲良くなるときがくる

このメガネみたいに、

大人になると、今まですごく遠かったり、

自分には関係なかったと思うことが

笑顔でかけよってきて、

「こんどご飯でも行かない?」

そんなノリで急に距離が近づいては

あれよあれよという間に

仲良くなるときがある。

 

これがとても楽しいです。

 

ボクも子供の時に

憧れていた大人になれるよう

がんばりたいと思います。

 

色付きのレンズのメガネをかけながらね。